座間版 掲載号:2016年2月5日号
  • LINE
  • hatena

座間市消防署救急出動件数 7年ぶりに減少 適正利用呼びかけ奏功

社会

 座間市消防署の昨年1年間の救急出動件数(速報値)と搬送人員(同)がこのほど発表された。出動件数は2009年から年々増加を続けていたが、2015年は7年ぶりにマイナスに転じて5319件。同署の消防管理課では減少の要因について、市内各所で救急車の適正利用を呼び掛けてきたことが奏功したと分析している。

前年比でマイナス124件

 同署では、本署・東分署・北分署にそれぞれ配備している救急車と、予備の1台を運用して要請に対応。昨年4月からは、座間市・海老名市・綾瀬市で通信業務を一元化し、相互に応援出動することで、より迅速な救急対応を構築している。

 市内の出動件数は高齢者(65歳以上)の傷病者の増加などを要因に、2008年の4161件を底に、翌2009年(4348件)から増え続けてきた。7年前と比べて1300件ほど増えた状態だ。2015年は7年ぶりに出動件数・搬送人数ともに減り、それぞれ5319件と4932人となった。

急病者、減る

 同課では救急出動を「火災」「自然災害」「交通事故」「運動競技」「労災」などにグループ分けしている。昨年に大きく減少したのが、体調異常や病気などに伴う「急病」。正確な数字は集計中だが、2014年の3641件から120件ほど減ったという。

 これについて、同課では「救急車の適正利用を促してきたことが一因」と分析。ここ数年は、受診当日に帰宅できる「軽症患者」が、出動のおよそ半数を占めた。なかには緊急性が低いケースもあり、重症者への対応が遅れる可能性も懸念されていた。

 同課ではこうした状態を改善しようと、救急法指導会や消防訓練などで市民に理解を呼びかけてきたという。

「1秒の遅れが影響」

 同課では引き続き、適正利用を呼びかけていく考え。署員は「重症患者の場合、1秒の遅れが救命率に直結してきます。一刻も早く救急車を必要とする人のためにも、ご理解とご協力を」と話している。

座間版のトップニュース最新6件

「中学のことを知ってね」

児童との触れ合い胸に

細金文房具店

児童との触れ合い胸に

12月14日号

各窓口連携し相談対応

座間市

各窓口連携し相談対応

12月7日号

県の子ども支援で特別賞

みどりとさくらの街さがみ野

県の子ども支援で特別賞

12月7日号

水害対策で広域連携協議

とうふ処かんざん受賞

県優良小売店表彰

とうふ処かんざん受賞

11月30日号

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月13日~1月13日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク