座間版 掲載号:2016年2月19日号
  • LINE
  • hatena

洋らんセンター加藤春幸さん 「王道」で大臣賞つかむ 関東・東海花の展覧会

社会

加藤春幸さん
加藤春幸さん
 今月12日から14日まで東京で開かれた「関東東海花の展覧会」の洋らん部門で、(有)座間洋らんセンター(栗原)の加藤春幸さん(36)が育てた「ザ・プレミアム・ダイアモンド」が、最上位の農林水産大臣賞を獲得した。

 同展は、1都11県と花き関連団体が主催するもので、総出品数およそ2000点と国内最大規模の花の展覧会。洋らん部門には122点の応募があった。

白い大輪が特徴

 ザ・プレミアム・ダイアモンドは、白い大輪の花を咲かせる品種。一般的な胡蝶蘭の花の大きさは直径12〜13cmだが、同品種は15cmほど。茎に約150輪が咲いており、鉢を含めた高さは1m20cmにもなる。「人生の大切な瞬間を彩れるような花になって欲しい」と、プレミアムと命名した。

 これまでに、世界らん展や全国花き品評会で大賞を獲得してきた。目新しさや珍しさを重視した過去の受賞作に比べると、ザ・プレミアム・ダイアモンドは白い花という胡蝶蘭の「王道」を追求した作品。加藤さんは「直球勝負で1位になれて嬉しいです」と話す。また、関東東海花の展覧会での1位は、創業者の父・春朗さんの時代も含めて初の快挙で、「両親がとても喜んでくれました」と顔をほころばせる。

 同センターは、きょう19日まで開催中の「世界らん展日本大賞」にも出品し、3点が入賞を果たした。

4年半の歳月をかけて育てた大作
4年半の歳月をかけて育てた大作

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク