座間版 掲載号:2016年2月26日号
  • LINE
  • hatena

いのちの授業大賞 丸陶子さんが優秀賞 誕生の奇跡と感謝つづる

教育

作文を手にする丸さん
作文を手にする丸さん
 神奈川県が主催する第3回「いのちの授業」大賞の優秀賞に、市立相武台東小学校(小井田由美子校長)の丸(まる)陶子さん(5年)と渡邉紀代(みちよ)養護教諭が選ばれた。1月30日には関内ホール(横浜市)で授賞式が行われ、受賞者に黒岩祐治知事から賞状が贈られた。

 同賞は、いのちを大切にする心や思いやりの心をはぐくもうと、県が推進する「いのちの授業」に基づき行われる。授業を受けた児童・生徒がその感動を作文にし、応募する。今年は4284作品が寄せられ、大賞など10作品が選ばれた。

 渡邊教諭が「いのちのかくりつ」についての授業を行ったのは昨年10月。プロスポーツ選手になれる確率や、宝くじに当たる確率を紹介したうえで、数ある中から特定の卵子と精子が出会って結ばれる「1200億分の1」という確率について紹介した。

 丸さんはこの授業を受け「私なりに、自信を持てるようになりました」と記している。また、奇跡的な確率で自分を産んでくれた母や、同じく奇跡的な確率で生まれ、自分を日々支えてくれる姉に対する感謝の気持ちに触れている。

 丸さんは「はじめに受賞を聞いたときは、本当に驚きました。家族も喜んでくれました」と話した。

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク