座間版 掲載号:2016年3月18日号
  • LINE
  • hatena

座間に届く、福島の「今」 情報誌が市内11カ所に

社会

A3サイズで、毎月発行されている情報誌
A3サイズで、毎月発行されている情報誌
 座間市からは伺い知れない福島県の「今」を伝える情報誌が、市内の公共施設に置かれている。同県避難者支援課によって届けられているもので、東日本大震災によって県外に避難している福島県民や支援者に向け、支援制度や現地の様子を伝えている。

 「ふくしまの『今』が分かる新聞」と題された月刊誌。発災翌年の2012年8月に創刊し、3月までに41本が発行された。部数は10万部ほどで、福島県内の配布に加え、同県の避難者が暮らしていたり、支援に携わった全国各地の自治体に送っているという。神奈川県内は181カ所、座間市内は図書館、公民館、北・東地区文化センターなど11カ所に配布されている。

 内容は、被災者向け就職応援センターや医療費負担免除金など支援制度の紹介、写真付きで復興の様子を伝える「ふるさとの今」、放射線の低減や除染の進捗状況など多岐にわたっている。

 同課の職員は「情報を発信し続けることで、県外への避難者と福島県の絆を保ち続けたい。いつか故郷に戻ってくる際の参考にして欲しい」と話すとともに、「支援者の方々が現状を知るきっかけになれば」と期待していた。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク