座間版 掲載号:2016年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

DeNAベイスターズカップで準優勝を果たした「座間ボーイズ」の総監督を務める 松本 秀一郎さん 相武台在住 51歳

野球こそ、人生の財産

 ○…小学生の頃、父の背中を追って始めた野球が、人生の大きな転機になった。野球漬けの青春を送り、甲子園のマウンドにも立った。大学卒業後、惜しまれながら休部した名門・日産自動車硬式野球部で14年間活躍。1998年の都市対抗本大会では、コーチとしてチームを全国制覇に導いた。「先が読めないのが、野球の魅力。何が起こるかわからないからこそ、素晴らしいドラマと出会える」

 ○…現在の顔は、中学生硬式野球チーム「座間ボーイズ」の総監督。14年前、自らメンバーを集めて立ち上げたチームだ。これまで教えてきた中学生は250人ほど。手取り足取りの指導はあえてせず、考える余地を残す指導を心がけてきた。「無理にプレースタイルを変えなくていい。今はただ、思いっきりやってこい」。そんな姿勢が花開き、今年のDeNAベイスターズカップでは初挑戦ながら準優勝を勝ち取った。

 ○…普段は、スーツを着こなし飛行機で飛び回るバリバリの企業人。仕事が多忙で、家に居つくことも稀だとか。仕事では冷静沈着にふるまうが、スーツをユニフォームに着替えてひとたび芝を踏めば、途端に「別人格」が顔を出す。ついつい熱がこもり、こぶしを握り、声を張り上げることも。「どんな試合も、つい指導者目線になる。些細なミスにも目が行ってしまう」。球場に行って、ビールを飲みながら観戦する、といった楽しみ方は、とてもじゃないができそうにない。

 ○…チームの運営で、一番大事にしているのが「卒団式」。今年も3月6日に終えたばかりだ。入団当時は幼かった子どもたちが、懸命に指導者やチームメイト、そして保護者への感謝の気持ちを口にする――。その成長と彼らの持つ可能性を考えると、自然と胸が熱くなる。「生涯教え続けて、そのうち生まれるかもしれない孫にも野球の楽しさを伝えたい」。グラウンドの上で学んだことは、きっと生涯の財産になるだろう。

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

吉田 良子さん

カフェきづき(座間市緑ケ丘5-6-28)で10月末までパッチワーク展を開催している

吉田 良子さん

10月12日号

山田 眞由さん

初代ひまわり王女として、座間市の魅力発信に努める

山田 眞由さん

10月5日号

岡部 恭太さん

初開催の「ひまわり王子&王女コンテスト」でグランプリに輝いた

岡部 恭太さん

9月28日号

鈴木 博美さん

双子以上の子育てを応援するアクティヴ・ツインズを運営する

鈴木 博美さん

9月14日号

遠藤 牧夫さん

世界記録保持者で、高座施設組合屋内温水プールの水泳教室で講師を務めている

遠藤 牧夫さん

9月7日号

和田 好弘さん

あすなろ大学「あすなろ会」会長として、高齢者の生涯学習を支える

和田 好弘さん

8月31日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和の競演楽しむ

和の競演楽しむ

三曲協会が演奏会

10月14日~10月14日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク