座間版 掲載号:2016年5月20日号
  • LINE
  • hatena

5月21日にバラ祭を開催する相模台クリニック「ばら園」でインストラクターを務める 片野 恍(たけし)さん 座間在住 71歳

一年の丹誠、一瞬の華やぎに

 ○…広野台の工業エリアの裏、栗原の一角にひっそりと佇む秘密の花園。相模台クリニックが精神科リハビリの一環として育てるバラ園のインストラクターを務めて7年ほどになる。年間を通じて手塩にかけても、花期は約2週間。その一瞬のため「メンバー」と呼んでいる通院者たちと連日汗を流す。「バラは、何と言っても力強い美しさがある。そして香りがいい。花と触れ合ううち、初めはこわばった表情で輪に入らなかったメンバーさんたちの表情がほぐれていく。こんな素晴らしいことはないね」

 ○…長年電子部品メーカーで品質管理の仕事をしていたが、リタイア後はバラ一色に。遡れば、昔向ヶ丘遊園で偶然目にしたバラに一目惚れしたことが原点だ。趣味で栽培を始め、退職後にのちの師となる地元のバラ愛好家、平出英之さんを尋ねた。「腕の立つ方だったんだけどね」。色々なことを教わっていた矢先、平出さんは病に伏し、園を継いだ直後に帰らぬ人となった。今でも園の一角に設けられた「平出コーナー」には、彼の愛した花が並ぶ。

 ○…色とりどりの花にも負けない、真っ赤なシャツがトレードマーク。よく見ると、靴や帽子にもさりげなく赤がアクセントになってものを選んでいるというこだわりぶり。「見た目くらいは若くいたいからね」。家に帰れば2人の男子小学生の「おじいちゃん」だが、気持ちの面ではまだまだ若者。「片野さん、やけたねぇって言われたら、日サロで焼いたんだって答えてんだ」と快活に笑う。

 ○…年に1回のお楽しみが、毎年5月に埼玉県で開かれる「国際バラとガーデニングショウ」。その中のコンテストにメンバー達と毎年出品しており、今年も入賞を果たした。「あとは、一番上の大賞だけなんだけど」。あと一歩の所で逃し続けている。「取れるまで挑戦するよ」。まぶしい笑顔の後ろには、1年間の愛情をたっぷり注いだ花が、今年も満開だ。

座間版の人物風土記最新6件

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

3月22日号

田林 敏弥さん

高座施設組合屋内温水プールの館長に就任した

田林 敏弥さん

3月1日号

浜 洋さん

神奈川県主催の優良衛生技能者表彰を受賞した

浜 洋さん

2月15日号

岡田 秀夫さん

大和市制60周年健康将棋大会で優勝した

岡田 秀夫さん

2月8日号

野田 朱美さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

野田 朱美さん

2月1日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月25日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク