座間版 掲載号:2016年5月27日号
  • LINE
  • hatena

赤ちゃんカモすくすく 目久尻川で成長中

社会

藻や小さな生き物を探して食べるカモの親子(19日撮影)
藻や小さな生き物を探して食べるカモの親子(19日撮影)
 目久尻川で子育てをするカルガモの親子が見つかり、地元住民らが目を細めながら子育ての様子を見守っている。雛はまだ小さく、巣立ちは7〜8月頃とみられている。

 カルガモが目撃されたのは、栗原遊水地(栗原1700の1)近く。5月19日には、親鳥と9羽の子ガモがのんびりと泳ぐ様子が見られた。

 毎年同遊水地付近で野鳥の撮影を行っている「栗原フォトクラブ」の中田周二さんによると、今年初めて雛が確認されたのは5月6日。初めは10羽いたが、数日後に1羽減ってしまったという。現在、栗原周辺の同川流域では他に2組の親子が子育てに励んでおり、合わせて23羽の雛が確認されている。

 中田さんによると、雛の数は例年に比べてやや少なめだという。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク