座間版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

市、商工会金融機関 創業者支援へタッグ 産業活性狙い初の試み

経済

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
イベントのチラシを持つ、市職員
イベントのチラシを持つ、市職員

 座間市での起業を志している人をサポートして経済活性化に繋げようと、市と市商工会、市内に支店を置く平塚信用金庫と八千代銀行がタッグを組んで「創業支援事業」を展開する。国の産業競争力強化法の認定を受けたもので、計画は今年度から4カ年。相談窓口の設置、専門家を招いた塾などを行うほか、税の軽減措置や保証枠拡大も盛り込まれている。

 同課によると市内事業者数は、個人店主の高齢化に伴う閉店などを要因として減少している。産業活性化を図るために市は、4月に策定した総合戦略のなかで、創業支援を基本施策の1つに掲げていた。商工会や金融機関と連携することで、相談窓口や学ぶ機会を増やし、潜在的な創業者を掘り起こして、継続支援につなげる狙いだ。

事業内容

 4者がそれぞれ相談窓口を設ける。専門家からノウハウを学ぶ催しとして、平塚信用金庫は7月2日(土)にセミナーを、商工会は7月16日(土)から8月20日(土)にかけて全5回の「ざまりん創業塾」をそれぞれ開く。

 これらの事業のなかでも、経営・財務管理・人材育成・販路開拓などの知識が身に付くものは「特定創業支援事業」と位置付けられている、同事業を受けた人には、登記にかかる登録免許税の軽減、無担保・第三者保証人なしの創業関連保証枠(1千万円)の500万円引き上げなどが設けられている。今回はざまりん創業塾と、平塚信用金庫による継続的な「ハンズオン支援」が該当する。

 4者が連携して創業支援を行うのは初めて。「どれだけの反響があるのか、予測しづらい部分もあります」と同課担当者。しかし、市広報にセミナー告知が載った時は、高齢の女性などから問い合わせが相次いだという。

 担当者は「4者とも、事業者を増やして経済活性化を図りたいという気持ちは同じ。創業を検討されている、市民の皆様にもぜひ活用して欲しい」と呼びかけている。

 問い合わせは同課【電話】046・252・7604。セミナーは平塚信用金庫【電話】0463・24・3071、創業塾は商工会【電話】046・251・1040にそれぞれ問い合わせを。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク