座間版 掲載号:2016年7月22日号
  • LINE
  • hatena

祭り囃子 世代越え連綿と 太鼓で祭りに活気

文化

繰り返し練習して、リズムを覚える子どもたち
繰り返し練習して、リズムを覚える子どもたち

 例大祭(8月1日)や宵宮祭(7月31日)を、威勢の良い太鼓を打ち鳴らして盛り上げるのが「祭り囃子(ばやし)」だ。鈴鹿明神社の例大祭には、皆原(みなばら)・星の谷・鈴鹿長宿、3地区の保存会が登場する。

 本番まで2週間あまりの今月16日、座間駅からほど近い皆原公民館に15人ほどの子どもたちが集まり、祭り囃子の練習に汗を流した。指導するのは、40年以上の歴史を持つ「皆原はやし保存会」(奥津彌太郎会超)の会員ら。指導者の年齢層は、20〜30代の「ママ世代」から70代の「シニア世代」まで幅広い。「3世代で参加している人も多いんですよ。私の家もそうです」と奥津会長。親から子へ、そして孫へと、皆原独自のリズムが受け継がれているという。

 本番に向け、6月から毎週土日に練習を行っている。母親の影響で祭り囃子が好きになったという鈴木のぞみさん(小学校5年)は、「当日はみんなで力を合わせて精いっぱい叩きたいです」と意気込む。奥津会長は「地元の子どもたちが一生懸命頑張っています。ぜひ多くの人に見てほしい」と呼びかけている。

4/14家族一般葬互助会相談会

お寿司&ラーメンのご試食付。お気軽にご来館を

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間市 227人に人事発令

緑あふれるイベント

保育園新たに2園オープン

4者が包括協定を締結

山北町への移住・定住促進

4者が包括協定を締結

4月5日号

座間の四季を鮮やかに

新入生を募集

新入生を募集

4月5日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク