座間版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

全日本バレーボール小学生大会に出場するHAND TIGERSの代表 佐久間 真琴さん 座間市在勤 60歳

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena

教え子の成長が活力

 ○…6年ぶりの公式戦だった。前身の「座間ハンドタイガース」は2010年に他チームと合併したものの、今年4月に再結成。新チームは県予選で優勝し、復活を全県に示した。全試合ストレート勝ちという結果だが、ここまでは平坦な道ではなかった。再結成に向けて始動間もない頃はボールやユニフォームも無く、練習場所の確保にも苦労する日々。支えになったのは、保護者やチームOGの存在。用具やユニフォームの提供、遠征試合への帯同など、子どもたちがプレーに集中できる環境構築に尽力してくれた。そして何より、厳しい練習に耐えて成長した選手たち。「チームのスローガンである『闘争心』を胸に頑張ってくれました」と活躍を称える。

 ○…38年にわたり市内小学校で教鞭をとっている。教員仲間に打診され、旭小でバレーボールチームを創立したのが約35年前。それから長年にわたり、代表やコーチとして、子どもたちを指導してきた。「娘と息子から、『お母さんはバレーボールの仕事をしているの?』なんて言われたこともありましたね」と振り返る。長年の習慣からか、ジャージーに体育館が落ち着くと言い、「生きている限り、バレーを続けていきたい」と考えている。

 ○…「育児では『親は子どもに育てられる』という言葉があるけど、バレーもそうかも」――。教える立場だが、逆に元気やエネルギーをもらうことが多いという。入団間もない頃に出来なかったプレーが、いつの間にか出来るようになることもしばしば。その急成長ぶりに驚き、心打たれ、「私も頑張らなきゃ」と自身を発奮する材料にする。

 ○…全国大会は8月9日から行われる。今のメンバーは戦術を理解する6年生が多く、レギュラーが怪我で出られなくてもカバーできる層の厚さもあるという。「県優勝より、もっと上を狙えるチーム。日本一を目指して欲しい」と教え子の躍進に期待している。

座間版の人物風土記最新6

迎 隆一朗さん

ワークショップイベント「ZAMAわくわく町工場」の事務局長を務める

迎 隆一朗さん

(有)樹脂リードモデル代表 54歳

5月17日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季座間市をホームタウンにするSC相模原に入団した

稲本 潤一さん

39歳

4月12日号

小林 淳一さん

新しく座間警察署の署長に就任した

小林 淳一さん

 58歳

4月5日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月22日号

田林 敏弥さん

高座施設組合屋内温水プールの館長に就任した

田林 敏弥さん

35歳

3月1日号

浜 洋さん

神奈川県主催の優良衛生技能者表彰を受賞した

浜 洋さん

さがみ野在住 62歳

2月15日号

岡田 秀夫さん

大和市制60周年健康将棋大会で優勝した

岡田 秀夫さん

南栗原在住 67歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

混声ハーモニーを披露

混声ハーモニーを披露

シルバーコーラス・スマイル

6月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク