座間版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

栗中3年伊藤大地さん 3年連続で市長賞 小中対象の創意工夫展で

教育

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena
快挙を喜ぶ伊藤さん
快挙を喜ぶ伊藤さん

 第41回座間市青少年創意くふう展覧会の作品審査が9月26日に行われ、伊藤大地さん(栗原中3年)が発明したトイレマット「うの目たかの目」が最高位にあたる市長賞を受賞した。伊藤さんの市長賞受賞は3年連続。市職員によると、ここ数年はない快挙だという。

 この展覧会は、市内の小中学生に創作の楽しさを知ってもらおうと、市が毎年開催しているもの。今年は134点が寄せられた。小中学校の校長や座間市商工会、座間工業会の代表が審査し、入賞作品の11点が10月8日(土)まで市役所1階エレベーターホールで展示されている(8日は正午まで)。

 伊藤さんが発明したトイレマットは、クマなどが描かれた布の上に薄いピンクの生地を重ねたもの。水分が付着すると絵が浮き出て汚れが見分けやすくなる仕組みだという。夏休みに入ったころから入念にアイデアを練り、制作を開始したのは8月中旬から。複数の色の布に水をかける実験調査を行い、最も模様が浮き出た薄いピンクを素材として選んだ。

 3年連続となった市長賞の受賞に、伊藤さんは「すごく嬉しい。生活の役に立つものを作りたかった。幼稚園や介護施設でも使ってもらえるようになったら」とコメントした。

日ごろから「需要」調査

 伊藤さんは小学3年生の頃から同展覧会に作品を応募している。創作にかける情熱は年々増しており、最近は普段から友人らに「生活で困っていることはないか」と聞いて回り、ニーズを調査しているという。

 将来は、「モノ作りに関わる仕事をしたい」と伊藤さん。ニュース番組を毎日視聴し、休日には塾に通うなど志望校合格をめざし日々勉強に明け暮れている。「多くの人に便利だと言ってもらえるものを作っていきたい」と抱負を話している。

トイレマット「うの目たかの目」
トイレマット「うの目たかの目」

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク