座間版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

還暦軟式野球チーム「川崎ドリーム」のキャッチャーとして、全国制覇に貢献した 河野 利次さん ひばりが丘在住 66歳

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena

どっしり構え仲間導く

 ○…60歳以上の選手がグラウンドではつらつとプレーしている「還暦野球」。キャッチャーとして所属する川崎ドリームが、第32回全日本還暦軟式野球選手権群馬大会で優勝した。チームにとっては3回目、自身にとっては初の全国制覇に、「一夜明けてから実感がわいた。最高の気分」と声を弾ませる。優勝まで残りアウト2つのところで足をつるアクシデントに見舞われた。それでも、「流れを止めたくなかったから黙っていた」。気合で栄冠を手にした。

 ○…宮崎県日南市出身。工業高校を卒業し、厚木市にあるアンリツ(株)の前身・安立電気で電子機器の設計などに携わった。会社の野球部には入社後すぐ入部。「最初はへたくそだったよ」とはにかむ。国体準優勝を果たすなど強豪だったチームをマネージャーとして裏方で支え、昼休みには先輩のエース投手のブルペン捕手として球を定年まで受け続けた。川崎ドリームに入部したのも、その先輩の誘いがあったからだ。「的が大きいから投げやすいのかも」。今や15年連続全国大会出場チームの扇の要にまで成長を遂げた。

 ○…「人を集めて何かするのが好き」。会社のOBや後輩を自宅に招き、飲みの席を設けることが楽しみの一つだという。居住しているマンションでは、自治会長を務めている。地域行事や趣味のゴルフで外出することが多く、「一日中ゆっくりしている日は無いかな」と快活に笑う。孫の話になると表情が一段と和らぐ。「おもちゃを買って家に置いておくと、見つけて喜ぶんだよ。反応を見るのがいつも楽しい」

 ○…チームのユニフォームには、全国制覇の数だけ星がついている。4つ目の星を狙うのはもちろん、さらなる目標は69歳以上の古希野球での全国制覇だという。そのためにも、毎週土曜日の練習は欠かさない。「人生で今が一番楽しいかもしれない」――。生涯現役を胸に誓い、ミットを構え続ける。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク