座間版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

工業団地SIP座間 連携強固に11年目の船出 和田博理事長に聞く

社会

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える和田理事長
インタビューに答える和田理事長

 製造業など組合員7社と賛助会員1社が加盟する、市内栗原の工業団地「SIP(シップ)座間」(和田博理事長)。1月5日で操業が本格開始されてから丸10年が経った。和田理事長にこれまでの歩みや11年目の抱負などを聞いた。

 SIP座間は、工場移転を検討していた市内外の中小企業8社が、異業種との連携や集団化による相乗効果をめざして設立した、市内初の工業団地。SIPは「Synergy Industrial Park」の略で、「相乗効果工業団地」という意味が込められている。2005年に組合が発足し、06年12月に団地が完成。現在はダブル技研(株)、フジダン(株)、富士ウッドワークス(株)、(株)コバモク、大協技研工業(株)、(株)ナベシマテクノ、(株)郷田製作所の7社が正会員として、(株)関根商店が賛助会員として加盟している。

逆風にも負けず

 「リーマンショックで厳しい出だしだった」――。和田理事長は設立当初を振り返る。ようやく景気回復が見えてきたところで、東日本大震災に伴う計画停電、電気代の値上げが追い打ちをかけた。組合員の一人は病に倒れ、後継者が見つからず加盟企業が7社に減るなど、苦難の多い10年間だったという。

 逆風の中でも、組合企業同士で取引を行うなど地道に活動を続けた。14年には空工場のスペースを借りた(株)関根商店が加盟。15年には中小企業団体中央会との共催で「ものづくり補助金セミナー」を開催し、市や市商工会から多くの参加を集めるなど光明も見えつつある。

 今後の課題として和田理事長は、隣接する第2期工業団地「SIP座間インフィニティ」との連携や、情報発信の強化を挙げる。2月1日から3日までは、パシフィコ横浜で行われる県下最大級の見本市「テクニカルショウヨコハマ」に、組合から過去最多となる5社が出展するという。和田理事長は「内側だけでやっていればいいという時代ではない。PRに力を入れていかないと」と気を引き締めた。
 

完成当初のSIP座間※同組合から写真提供
完成当初のSIP座間※同組合から写真提供

座間版のローカルニュース最新6

クリスマスイベント

クリスマスイベント 文化

北地区文化センター

12月13日号

お酒に合う大人のクッキー

ニューグランド

お酒に合う大人のクッキー 経済

読者10人にプレゼント

12月13日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月13日号

市史を次代に

市史を次代に 教育

「御鷹場」などまとめた書籍販売中

12月13日号

子育て世帯の新たな居場所に

子育て世帯の新たな居場所に 社会

プラっとざま

12月13日号

内田さんアジアを制覇

内田さんアジアを制覇 スポーツ

マスターズ陸上 4×400mR

12月13日号

「カレンダー募金に協力を」

「カレンダー募金に協力を」 社会

14日から、ハーモス座間で

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月12日~1月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク