座間版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

発足10周年を祝う 座間保護区保護司会が式典

社会

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena
式典であいさつに立つ村上会長
式典であいさつに立つ村上会長

 座間保護区保護司会10周年記念式典が2月10日、総合福祉センターで行われた。当日は現役の保護司をはじめ、元保護司、遠藤三紀夫市長や横浜保護観察所の田中一哉所長ら来賓など約110人が出席した。

 同会の村上勝彦会長=人物風土記で紹介=はあいさつに立ち、「発足した10年前は景気が悪く、保護司の活動は忙しかった。今日では犯罪は減っており、予防活動に力を入れている」と状況を報告した。

 そして、「私たちには任期があるので、次につなげていくことが課題になってくる。これからも良い街にするため10年、20年と社会奉仕として継続していかなければならない。皆様のご協力、ご支援をお願いします」と話した。

 また、遠藤市長は「日ごろからご活躍頂いている24人の保護司の方々、OBや更生保護女性会の皆様の取り組みに、改めて心から感謝いたします。これからも近隣保護司会の皆様と手をたずさえて更生保護活動にあたっていただきたいと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

 式典後は、落語家の桂文也氏が登壇し「笑って・感じて・気付いて・変わる」と題した社会を明るくする運動に関する講演を行った。その後、落語を披露すると会場は笑いに包まれた。

 1950年5月に保護司法が施行され、保護司制度が確立されると、同年10月ごろ座間地区は高座相模原区保護司会に所属。その後、分離独立などを経て、06年9月1日、座間海老名地区保護司会が分離し、同会が発足した。

座間版のローカルニュース最新6

がんばれ冬のひまわり

がんばれ冬のひまわり 社会

さがみ野

1月24日号

出演・出店団体を募集

出演・出店団体を募集 社会

さがみ野さくら祭り

1月24日号

あすなろ大学展

あすなろ大学展 教育

2月6日〜9日、ハーモニーホール

1月24日号

おもちゃ病院開院

おもちゃ病院開院 教育

プラっざま

1月24日号

カレンダープレゼント

カレンダープレゼント 文化

ファーレ立川アート

1月24日号

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月24日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク