座間版 掲載号:2017年3月31日号 エリアトップへ

県央小売酒販組合座間支部の支部長として、ひまわり焼酎の普及などに努める 永井 勝利(かつとし)さん 緑ケ丘在住 71歳

掲載号:2017年3月31日号

  • LINE
  • hatena

和重んじ郷土酒広める

 ○…酒造の倒産により一時生産を停止していた「ひまわり焼酎」。生産体制が整いこのほど入荷を果たした。支部長を務める県央小売酒販組合座間支部が手がけ、推奨品にも認定されている郷土酒の復活に「うれしいの一言。みんなの思いが詰まっている」と喜ぶ。「ひまわりサイダー」や「ひまわりエール」といった座間ならではの商品生産にも現在汗を流しており、「大凧まつりまでには間に合わせたい」と優しく微笑む。

 ○…川崎市で育ち、20歳になると横浜駅西口の居酒屋へ足繁く通った。客層を見渡せば想像以上に女性客が多く、「これからは女性が飲む時代」と、サラリーマン家庭に生まれながらも酒屋の起業を決意した。小売店などで7年間下積みを経験したのち、29歳で座間へ。念願の店を緑ケ丘に構えた。経済成長と比例するように店は繁盛し、酒販組合のメンバーとも意気投合。やがて要職を任されるようになり、昨年3月に支部長に就任した。

 ○…店の切り盛りはこれまで結婚42年目の妻と一緒にやってきた。おしどり夫婦の秘訣は「我慢することだよ」と笑う。最愛の家族は2人の子宝、そして4人の孫に恵まれた。横浜市旭区、東京都板橋区とそれほど遠くない所に住んでいるため、よく遊びに来るという。「孫が泊まりに来るけど本当におしゃべり好きでね。大変だよ」。言葉とは裏腹に、表情は緩まる。

 ○…最盛期には70店以上が加盟した酒販組合だが、コンビニエンスストアなどの台頭により現在19店舗に。後継者不足に頭を抱え、店を閉じようか悩んでいる組合員も多いという。それでも「本来ならライバル同士だがみんな仲がいい。協力していかないと」と前を向く。目玉商品のひまわり焼酎で原材料となるひまわりの種は、市内の畑から組合員が収穫したものだ。「酒販組合=(イコール)ひまわり焼酎ということを印象付けたい」。一丸となって普及をめざしていく。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク