座間版 掲載号:2017年4月14日号 エリアトップへ

座間市子ども政策課 育児用品1万円分を支援 4月以降の新生児対象に

教育

掲載号:2017年4月14日号

  • LINE
  • hatena
すくすくギフトを渡すざまりん=市が制作した事業PR画像
すくすくギフトを渡すざまりん=市が制作した事業PR画像

 座間市は4月1日から、紙おむつ等育児用品支援事業「ざまりんすくすくギフト」を開始した。市内在住で2017年4月1日以後に出生した0歳児の保護者を対象に、育児用品のカタログを贈呈。対象者は必要な物資1万円分を選ぶことができる。

 この事業は、少子化対策として昨年度から新設された子ども政策課によるもの。対象者は紙おむつや哺乳瓶、おしゃぶり、おしりふきといった育児用品38点が掲載されたカタログから、必要な物資1万円分を自由に選ぶことができる。希望商品は自宅に宅配されるなど、子育て世帯の負担を減らすよう配慮もされている。

経済的負担減へ

 市が2015年に実施した「出産・子育てに関するアンケート調査」によると「充実してほしい子育て支援サービス」の第1位に「経済的支援」があがっていたという。同課の担当者は「赤ちゃんが生まれると育児用品を揃えるのに費用が掛かり、2人目、3人目となればさらに大変。わずかばかりでも支援になれば」と語る。そのため、第1子だけでなく第2子以降も同様の支援を受けることができる。

 市の合計特殊出生率は2013年度で1・28と、近隣市と比較してやや低い水準にある。市は事業による改善を期待している。

 市内で子育て支援活動を行っているアクティヴ・ママの長瀬未紗代表は「生まれたばかりの頃は色々とお金がかかるのでありがたい」と歓迎。現在、妊婦に制度の周知を図っているという。市担当者は「カタログショッピングのように楽しんでもらえたら」と話している。

 申込みは市役所2階の同課窓口で配布している「紙おむつ等育児用品支給申請書」(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入し、〒252―8566座間市役所子ども政策課宛に郵送または直接持参。20日までに申請した場合、翌月にカタログと注文書が届く。問合せは同課【電話】046・252・8025。
 

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク