座間版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

かにが沢で鯉のぼり泳ぐ 住民有志が今年も掲揚

文化

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena
鯉のぼりと設置を手がけた実行委員
鯉のぼりと設置を手がけた実行委員

 端午の節句の風物詩となっている鯉のぼり。地域住民らによって4月22日、16匹の鯉のぼりがかにが沢公園で掲揚された。

 毎年恒例となったこの取組みは、「かにが沢鯉のぼり実行委員会」(進藤敏行実行員長)によるもの。相武台や広野台など周辺地域に住む住民7人で構成されており、子どもたちを喜ばせようと2000年から掲揚を続けている。鯉のぼりは住民らの寄付で集まったという。

安全性こだわる

 3年前までは、公園の西側に隣接する都南自動車と公園東側の桜の木にロープを取り付け、公園上空に鯉のぼりが泳ぐよう掲揚されていた。ところが桜の木の腐朽が進み、枝下がりなどがみられるようになり、伐採されることに。規模を縮小化せざるを得ない状況となり、実行委員はすべり台近くに鯉のぼりを設置することとなった。

 すべり台は子どもたちに人気の遊具とあって、実行委員は安全性には細心の注意を払っている。22日の設置作業では、念入りに鉄の柱を打ち込み、子どもが近づかないよう土台周辺にはカラーコーンを置いた。メンバーは朝早くから熱心に作業し、約2時間後に鯉のぼりが掲揚された。

 進藤実行員長は「何においても安全が第一。今年も無事掲げられてよかった」と話した。

 掲揚は5月6日(土)まで。問合せは進藤委員長【携帯電話】090・3106・2195。
 

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク