座間版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

保育支援団体「麦の会」の会長を務める 小野 菊代さん 海老名市在住 56歳

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

「誰かの為」が自分の幸せに

 ○…東地区文化センターを拠点に、子育て世帯向けの講座で保育などを請け負う「麦の会」。36年以上続く団体の代表に就任してちょうど2年が経った。「どんなに忙しくても赤ちゃんを抱っこすると、スッと空気が抜ける。癒しです」と明るく笑う。5月から同センターで始まる連続講座を前に、現在仲間集めなど準備に励んでいる。「はじめは泣いていた子どもが、帰りたくなさそうにしてくれると嬉しくなる」とやりがいを語る。

 ○…生まれは佐賀県。昔から子どもが好きで、絵本作家を夢見たこともあった。結婚前はイラストレーターや保育助手として学童保育のサポートをした経験をもつ。麦の会に関わるようになったのは、同センターでの保育付き講座に参加してから。「子どもが大きくなったらやめるつもりだったが、いい人ばかりで」。体調を崩し一度は離れるものの、あと少しだけ、もう少しだけと思いながら今まで活動を続けてきた。保育付き講座以外では夏祭りや文化祭でのサポートなど、充実した日々を送っている。

 ○…宮沢賢治の大ファン。「賢治の生涯を知ってから銀河鉄道の夜を読むと泣ける」と目を輝かせて語る。作品だけでなく、「自分が幸せになりたいなら、周りを幸せに」という賢治の考えに共感している。「誰かのためにやることは大げさな事じゃなくて、結局は自分のためにもつながる」。20年にわたるボランティア活動の原動力だ。

 ○…活動をより充実するため、目下の課題は新メンバーの獲得だという。現在、メンバーは10人。高齢化も進みつつあるという。「人手が足りていれば、おもちゃを作ったり色々なことができる」。今ある活動を継続しながら、さらなる充実をめざしていく。「ボランティアはできる人ができる時にできる分だけ楽しく。人とのふれあいがあるからやめられないんです」。持ちつ持たれつ、子どもたちを優しさで包んでいく。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

清水 茂久さん

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した

清水 茂久さん

明王在住 73歳

12月6日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク