座間版 掲載号:2017年7月21日号 エリアトップへ

子ども神輿 真剣な表情で担ぐ 宵宮祭で勇姿

文化

掲載号:2017年7月21日号

  • LINE
  • hatena
本番に向け、熱心に練習する子どもたち
本番に向け、熱心に練習する子どもたち

 7月31日(月)の宵宮祭では地元小学生による「子ども神輿」が登場する。伝統文化の継承と郷土愛醸成を目的に、鈴鹿明神社神輿保存会「入谷睦」(酒瀬川竜也会長)が行う取り組みだ。午後6時から8時にかけて、神社近くを練り歩く。

 これまでの練習では「どっこい、そーりゃ」という掛け声や担ぐときのステップを学び、土のうを乗せた木棒を使って肩の入れ方などを練習していった。本番が近付いた7月12日には、宮入で披露する、神輿を上下に動かす「縦もみ」に挑戦し、汗をかきながらも息を合わせようと奮闘。練習が終わると、子どもたちは充実した表情を見せた。

 今年の「子ども神輿会」の会長を務める横山雄翔君(6年)は「最初は緊張したけど、みんなを盛り上げたい。練習を頑張って本番に臨みます」と引き締まった表情で話す。そして、副会長の矢吹光心さん(5年)は「失敗をしないように頑張る」と意気込み、同じく副会長の瀬戸美羽さん(4年)は「副会長は緊張するけど最後まで楽しくやりたい」と抱負を語った。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク