座間版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

座間市 大仙市への義援金募る 豪雨被害受けて

社会

募金箱を持つ市危機管理課の職員
募金箱を持つ市危機管理課の職員
 先月の大雨の影響で、800棟以上の住家が被害を受けた秋田県大仙市。同市と災害時相互応援協定を締結している座間市は8月1日、市役所1階に募金箱を設置し、11月1日頃まで義援金を募る。同協定締結以降、実際に支援するのは今回が初めて。

協定締結後初めての支援

 大仙市では7月22日・23日、記録的な豪雨により雄物川が氾濫。道路決壊や路肩崩落、橋梁損傷などが80カ所以上で発生した。住家への被害も全壊、半壊、浸水など合わせて800棟以上と深刻な被害に見舞われ(7月30日時点)、現在も復旧作業が進んでいる。

 災害時相互応援協定のほか、友好交流都市協定も締結している同市を支援すべく、座間市は8月1日、市役所1階に募金箱を設置。11月1日頃まで義援金を募る予定だという。同様の支援は、応援協定締結後初めて。市危機管理課の担当者は「少しでも勇気づけられたら」と話している。

26年続く交流

 大仙市との交流は1991年、座間市ふるさとまつりに市町村合併前の中仙町が参加したことで始まった。98年に災害時相互応援協定を結び、市町村合併後の2000年に大仙市と再度締結。以来、毎年5月に災害対策連絡会議を開催し、連絡の確認や各市の防災対策について情報交換などを行ってきた。8月4日から6日までは座間市職員が現地へ赴き、罹災証明書の発行などを視察した。

 今後は福祉まつりなどでも義援金を募る予定。

大仙市で倒壊した家屋=同市提供
大仙市で倒壊した家屋=同市提供

座間版のトップニュース最新6件

新庁舎の運用始まる

市消防本部

新庁舎の運用始まる

2月16日号

3月16日開業へ

イオンモール座間

3月16日開業へ

2月16日号

振込め防止へ寸劇上演

座間総高演劇部

振込め防止へ寸劇上演

2月9日号

初のJアラート訓練

MOA美術展で全国銅賞

相東小6年清遠元皓(きよとおもとあき)君

MOA美術展で全国銅賞

2月2日号

生涯学習続け30周年

高齢者学級あすなろ大学

生涯学習続け30周年

2月2日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク