座間版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

座間署管内 振込め被害、過去最悪に 戸別訪問で注意喚起

社会

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena
戸別訪問する署員と横前会長(左)
戸別訪問する署員と横前会長(左)

 座間市内で振り込め詐欺を含む特殊詐欺の被害総額がこのほど、過去最悪を更新した。12月5日時点で1億4852万円と、県下で8番目に被害が大きく、座間警察署(川口博幸署長)は戸別訪問で注意を呼びかけるなど、対策を強化している。

 同署によると、今年に入ってから県下では特殊詐欺が増加。市内では12月5日時点で46件の振り込め詐欺、1件のギャンブル必勝法情報提供の被害が報告されている。座間署管内の被害総額は1億4852万円と、県下54署のうち8番目に多く、これまで最も多かった2015年の1億968万円を上回る。同署の担当者は「市の法人税税収は、多い時で15億円程度。被害額がその1割に相当すると考えれば、大きな損失」と危機感を強める。

 被害の内訳をみると、オレオレ詐欺が6091万円(29件)、還付金詐欺が1769万円(14件)。近年増加傾向にあるのが、キャッシュカードを騙し取られるケースだという。

 特に頻発しているのが、大型有名デパートの職員を騙り、キャッシュカードと暗証番号を騙し取る手口。「あなたのカードが勝手に使われている。再発行しなければ」などと電話で矢継ぎ早に語り、言葉巧みに犯人のペースに巻き込んでいくという。同署担当者は「ごく普通の人が『自分には関係ない』と思ってしまいがちだが、いざ電話がかかってくると冷静な対応が出来なくなってしまう」と話し、注意を呼びかける。

 増加を受け、同署は12月15日に行った年末年始特別警戒で、初めて戸別訪問を実施。座間防犯指導員連絡会(横前喬会長)と協力し、啓発ビラを配り歩いた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク