座間版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

市蕎麦商組合 節分そばで開運祈願 2月1日〜3日の限定販売

文化

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
座間神社でそば粉の祈祷を受けた組合員
座間神社でそば粉の祈祷を受けた組合員

 市内15店舗が加盟する「座間市蕎麦商組合」(瀬川清光組合長)が、学業成就や開運を祈願する「七福節分そば」を、今年も2月1日(木)から3日(土)にかけて販売する。

 組合員によると、江戸時代には縁起物とされる「年越しそば」を、2月3日の節分に合わせて食べていたそう。旧暦では、立春(2月4日ごろ)の前後から新年が始まるとされていたためだという。この風習に着目した組合は、福豆や恵方巻きと並ぶ験担ぎ商品として定着させようと、2012年から「七福節分そば」を企画している。同じような品を取り扱う個店はあるものの、組織で取り組んでいる例は珍しいという。

 同商品には、曲がった腰や髭が老人を連想させることから長寿の象徴とされる「海老」、「先を見通す」という意味を込めたハスなどが使われている。価格は800円(税込)。専用の黄色ののぼりを掲げた加盟店で取り扱う。

 今月22日には組合員が座間神社を訪れ、そば粉の祈祷を受けた。このそば粉は、加盟店に配られ、商品に利用されるという。組合員は「開運を願ったそば粉でそばを作ります。ぜひ各店のそばを食べて下さい」と呼びかけている。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク