座間版 掲載号:2018年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

5万2千人が防災行動 雪残る中シェイクアウト

社会

机の下で頭を守る市職員
机の下で頭を守る市職員
 座間市いっせい防災行動訓練「シェイクアウトプラス1 2018 in ZAMA」が1月23日、市内各地で行われた。主催は座間市、ざま災害ボランティアネットワーク(濱田政宏代表)。

 毎年1月23日と日付を決めて行われているシェイクアウトは、自らの命を自ら守る「自助」のための訓練。震度6強の地震発生直後を想定し、「【1】まず低く、【2】頭を守り、【3】動かない」の3つの防災行動を取る。

 6回目となった今回、前日に積もった雪が残っている中での開催となった。市内の各事業所などで5万2804人が参加。座間市役所では午前11時に照明が消え、来庁者や職員は机の下などに隠れ、物の落下から身を守っていた。

 シェイクアウトの直後、「プラスワン行動」として市役所で座間市災害対策本部の開設訓練が行われた。今年は初めて市庁舎4階の天井落下などを想定し、ハーモニーホール座間で午後にも第2回座間市災害対策本部の情報共有を実施。消防、警察、自衛隊関係者も参加し、本部長の遠藤三紀夫市長にそれぞれの管轄で把握している被害状況を報告していた。

情報共有する災害対策本部
情報共有する災害対策本部

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間の道を知る

座間の道を知る

市内の標柱集め展示

5月10日~6月4日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク