座間版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

東日本大震災から7年 市内の活動団体に聞く

社会

ボランティアセンター開設訓練の準備をする同ネットワーク(写真上)と定期開催している復興支援ガレージセール
ボランティアセンター開設訓練の準備をする同ネットワーク(写真上)と定期開催している復興支援ガレージセール
 東日本大震災発生から間もなく7年。「記憶の風化」が言われて久しい昨今、教訓を受け継ぐべく市内で活動を続ける団体がある。「ざま災害ボランティアネットワーク」(濱田政宏代表)と、「3・11を想う会」(一政伸子代表)だ。

 「あの時被害を受けた人が、当時の思いを今の人に分かってもらえなくなることが『風化』だと思う」。濱田代表はゆっくりと語る。

 被災地での教訓を積極的に防災教育へと取り入れている同ネットワーク。3月11日(日)には、ボランティアセンター開設訓練をサニープレイス座間で開催する。「3月11日になったら、『こんなことがあったな』と思い出して」と濱田代表。来年度には、避難所宿泊体験や新設された消防庁舎での防災セミナーを実現させようと準備に励んでいる。

 今年7月には設立10周年を迎える。「被災地の思いを伝え、これからは人材育成により力を入れたい」

 震災のことを忘れず、被災者を応援していこうと、2013年に設立された「3・11を想う会」。継続しているのが、一政代表の自宅(栗原中央一丁目)で開催するガレージセールだ。

 洋服や生活雑貨を販売し、その売上金すべてを復興支援団体へ寄付する取組み。3月11日には宮城県石巻市へ足を運び、寄付金を手渡すという。「7年も経つと意識する人は少なくなるが、必ず協力してくれる人はいる。できる限りのことは続けたい」と話した。

 ガレージセールは午前11時から午後2時。場所など詳細は一政代表【携帯電話】090・6945・2295。

座間版のローカルニュース最新6件

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月13日~1月13日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク