座間版 掲載号:2018年5月18日号 エリアトップへ

清掃によりアユ遡上増える 目久尻川クリーンアップ

社会

掲載号:2018年5月18日号

  • LINE
  • hatena
清掃作業の様子=提供写真
清掃作業の様子=提供写真

 地元の川をきれいにしようと「目久尻川クリーンアップ活動」が5月13日、上・中・下流の3エリア4班で行われた(同川ふるさとネットワーク主催)。

 当日は会員や一般者ら68人が参加。3エリアを上流班、つつじ野班、中流班、下流班に分かれて清掃を行い、9時に始まった活動は午前11時ごろには終了した。

 回収した家庭ごみは、市環境政策課により市クリーンセンターに運ばれ、自転車1台とホットカーペットは厚木土木事務所東部センターに運ばれた。

 清掃により、可燃ごみ97・73kg、不燃ごみ47・67kg、陶器ガラス5・08kg、廃電池0・35kgで、合計150・83kgを回収した。前回は268・5kgだったので、今回の回収量は前回に比べ100kgほど減り、特に可燃ごみは前回より半減した。

 座間市内でこの活動を中心になって行っている市民団体「座間のホタルを守る会」(藤松邦久会長)は「川の流れが澄み、今期はアユの遡上が多く確認できました。またごみが少なくなったのを実感した清掃作業でした」と話している。

 年間を通じて流域のごみが少なくなったことなどから、毎年秋にも実施していた川清掃活動は今年は中止となった。

座間版のローカルニュース最新6

騙されないために知っておこう

増え続ける特殊詐欺

騙されないために知っておこう 社会

座間市内で起きた事例を紹介

5月17日号

モノづくりの楽しさを体験

モノづくりの楽しさを体験 教育

ZAMAわくわく町工場

5月17日号

未来の力士 熱戦繰り広げる

未来の力士 熱戦繰り広げる 文化

わんぱく相撲座間場所

5月17日号

新時代を祝い舞う

新時代を祝い舞う 文化

座間市大凧まつり

5月17日号

お花畑のような庭

長年の防火防災活動称える

新会長に大矢新一郎氏

新会長に大矢新一郎氏 経済

県商工会青年部

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

混声ハーモニーを披露

混声ハーモニーを披露

シルバーコーラス・スマイル

6月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク