座間版 掲載号:2018年5月18日号
  • LINE
  • hatena

座間・東中男子バレー 合同チームで県央V 出場機会求め昨年結成

スポーツ

座間・座間東合同チームのメンバー
座間・座間東合同チームのメンバー
 座間中学校と東中学校の男子バレーボール部「座間・座間東合同チーム」がこのほど、県央大会で優勝し、県大会出場を決めた。男子バレーボール部が無かった東中と、人数が足りなかった座間中が出場機会を求めて昨年10月に結成したチーム。限られた練習時間の中でコミュニケーションを綿密に取り、全員で県大会への切符を勝ち取った。

 市内中学校には男子バレーボール部が少なく、男子生徒は競技をやりたくてもできないという課題があった。東中も同部が無く、プレーを希望した生徒3人は、女子バレーボール部と一緒に練習。座間中は4人しかおらず、両校とも大会出場が叶わない状況だった。

 そこで、昨年秋に両校が合同チーム結成を画策。6人制バレーボールチーム「座間・座間東合同チーム」が誕生した。「練習試合では他校から選手を借りていた。合同チームになって、決まったメンバーで出来るのは嬉しい」。キャプテンの黒田優利選手(座間中3年)は結成当初を振り返る。天羽徒和選手(東中3年)は「初めは『えっ』と戸惑ったが、すぐに打ち解けた」と語る。

主将負傷の危機乗り越え

 部員の少なさが危機を招いたこともあった。昨年10月、練習中にセッターの黒田主将が右手を骨折。出場が危ぶまれたが、左手でサーブを打つなど患部を庇いながらプレーを続けた。「色んな方のおかげでできたチーム。自分自身、プレーしたかった」と話す。

 座間中体育館で行う合同練習は土日のみ。限られた時間の中で団結力を高めるため、練習中は声出しを重視。毎週練習試合を行い、実戦経験を積む。顧問の東和寿教諭(座間中)は「うちのチームは時間がない。難しいことはせず、レシーブ、トス、打つといった簡単なことをちゃんとしよう」と語るように、エースの鈴野右京選手(座間中)を中心としたシンプルな攻撃を組み立てる。

 4月に海老名総合体育館で行われた県央大会でも、「らしさ」を発揮した。つきみ野中学校との決勝では、1セット目を先取するも2セット目を奪われ、最終セットでも悪い流れを引きずる苦しい展開に。それでも「あきらめず、声を出して盛り上げた」と黒田主将。鈴野選手を攻撃の要に得点を重ね、25対18と押し切った。「バレーができない状態から、目標を達成できて嬉しかった」と黒田主将は喜ぶ。

 県大会は6月2日(土)に開幕。黒田主将は「目標はベスト8。自分達のプレーをしたい」と話した。

 登録選手は以下の通り。▽座間中/菊地叶翔(3年)/黒田優利(同)/鈴野右京(同)/中野潤平(2年)/廣野巧(1年)▽東中/藤永琉輝(3年)/天羽徒和(同)/廣木宙(同)

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク