座間版 掲載号:2018年7月27日号
  • LINE
  • hatena

鈴鹿明神社の「夏」到来 8月1日に例大祭

文化

神輿を担ぐ入谷睦の会員・氏子ら=昨年
神輿を担ぐ入谷睦の会員・氏子ら=昨年
 入谷の鈴鹿明神社(古木普総(ゆきふさ)宮司)で8月1日(水)、平成最後となる例大祭が執り行われる。本神輿が昼から夜にかけて神社周辺を練り歩き、午後9時半からは圧巻の宮入が披露される。

 毎年8月1日に行われる例大祭は、同神社の年間祭事の中でも最も重要な祭祀とされる。境内や同神社周辺には模擬店が立ち並び、昨年一新されたばかりの神輿が近隣地域を練り歩く。

 今年は午前9時半から祭典を境内で斎行。その後、本神輿の宮出しが午前11時から行われる。担ぎ手は、地域の氏子や鈴鹿明神社神輿保存会「入谷睦」(酒瀬川竜也会長)の会員ら。「ドッコイドッコイ」「ドッコイソーリャ」と威勢のいい掛け声とともに、鈴鹿長宿(11時半〜午後2時10分)、星の谷(2時10分〜4時50分)、皆原(4時50分〜9時半)の3地区を練り歩く。境内では3地区の子どもらによる祭り囃子が鳴り響く(7時20分〜9時半)。

 大迫力の宮入は、午後9時半から。神社の鳥居をくぐり境内へと入っていく。本殿の前では担ぎ手がジャンプして本神輿を上下させる「縦もみ」を披露。大迫力の光景に、会場は熱気に包まれる。

 本殿では平成初期まで使用した神輿を展示。修繕から戻った歴史ある神輿を拝むことができる。

31日に宵宮祭

 例大祭前日の7月31日(火)には、宵宮祭が開かれる。例大祭に先立ち、神輿のお祓いをする夜のお祭りで、この日は市内小学生34人が練習を重ねてきた「子供神輿渡御」が披露される。

 子ども神輿は神輿文化の継承のため、入谷睦が毎年担ぎ手を募り、指導しているもの。今年は養田泰成君(相模野小5年)が会長としてメンバーを引っ張る。また、会長を支える副会長には、今回初めて5人を選出。矢吹光心さん(座間小6年)、瀬戸美羽さん(座間小5年)、前田覇彪翔君(座間小5年)、瀬戸大輝君(座間小5年)、伊花颯君(相武台東小5年)が務め、子どもたち一丸となって練習を重ねてきた。

 子供神輿渡御は午後6時から。7時から7時半までは宵宮祭祭典が執り行われる。

 問合せは同神社【電話】046・256・1122。

座間版のトップニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手づくり文化展

手づくり文化展

ハーモニーホール座間

3月1日~3月3日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク