座間版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

座間市国際姉妹都市 スマーナの中高生、来日 国際親善大使らと交流

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
よりよい交流企画となるよう意見を出し合う親善大使ら
よりよい交流企画となるよう意見を出し合う親善大使ら

 座間市の国際姉妹都市・米国テネシー州スマーナ市の中高生20人が7月16日から座間市国際親善大使の家にホームステイし、同世代で交流を深めている。24日には「座間・スマーナ交流サミット」をサニープレイス座間で開催。両市でよりよい交流を継続していくにはどうすべきか、中高生で意見を出し合った。

 座間市は1991年にスマーナ市と姉妹都市協定を締結。97年から3年おきに、相互に中高生を約2週間、派遣する交流事業を行っている。現地ではホストファミリーが受け入れ、生活をサポート。昨年は座間市内の中高生がスマーナ市へ派遣され、今年は座間市が受け入れる番となった。

 16日にはイオンモール座間でウェルカムレセプションを開催。滞在中は座間市消防本部でのはしご車体験や、座間市資源リサイクルセンターでごみの分別を学ぶなど、市内各所で企画が催された。

よりよい交流模索

 今回の事業で目玉だったのが、24日にサニープレイス座間で開かれた座間・スマーナ交流サミット。「座間市とスマーナ市の交流を継続するために〜次につなげる みんなにひろげる〜」をテーマに、英語で討論した。

 交流事業をよりよいものとするため、「ホストファミリーと過ごす時間を増やしたい」、「SNSを活用して、事業を積極的に発信すべき」といった改善案を述べた。

 座間市国際親善大使の山本薫さん(神奈川総合産業高1年/ひばりが丘在住)は「昨年アメリカへ行った際はコミュニケーションがうまくとれず、この一年で英語を一生懸命勉強した。日本を楽しんでもらえたら嬉しい」と話す。ダニエル・マリニックスさん(13)は「アメイジングな体験だ」と笑顔で語った。

 きょう27日にD&C!座間市役所店でお別れ会を開催。28日に帰国する。

座間版のトップニュース最新6

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

皮膚温材料にサギ待った

皮膚温材料にサギ待った 社会

市内銀行にカメラ試験設置

1月17日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

相談支援事業を強化

座間市

相談支援事業を強化 社会

研修行い、全職員に啓蒙

1月10日号

1,412人が門出

1,412人が門出 社会

1月13日 成人式

1月10日号

選ばれるまち座間に

選ばれるまち座間に 政治

新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク