座間版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

座間市国際姉妹都市 スマーナの中高生、来日 国際親善大使らと交流

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
よりよい交流企画となるよう意見を出し合う親善大使ら
よりよい交流企画となるよう意見を出し合う親善大使ら

 座間市の国際姉妹都市・米国テネシー州スマーナ市の中高生20人が7月16日から座間市国際親善大使の家にホームステイし、同世代で交流を深めている。24日には「座間・スマーナ交流サミット」をサニープレイス座間で開催。両市でよりよい交流を継続していくにはどうすべきか、中高生で意見を出し合った。

 座間市は1991年にスマーナ市と姉妹都市協定を締結。97年から3年おきに、相互に中高生を約2週間、派遣する交流事業を行っている。現地ではホストファミリーが受け入れ、生活をサポート。昨年は座間市内の中高生がスマーナ市へ派遣され、今年は座間市が受け入れる番となった。

 16日にはイオンモール座間でウェルカムレセプションを開催。滞在中は座間市消防本部でのはしご車体験や、座間市資源リサイクルセンターでごみの分別を学ぶなど、市内各所で企画が催された。

よりよい交流模索

 今回の事業で目玉だったのが、24日にサニープレイス座間で開かれた座間・スマーナ交流サミット。「座間市とスマーナ市の交流を継続するために〜次につなげる みんなにひろげる〜」をテーマに、英語で討論した。

 交流事業をよりよいものとするため、「ホストファミリーと過ごす時間を増やしたい」、「SNSを活用して、事業を積極的に発信すべき」といった改善案を述べた。

 座間市国際親善大使の山本薫さん(神奈川総合産業高1年/ひばりが丘在住)は「昨年アメリカへ行った際はコミュニケーションがうまくとれず、この一年で英語を一生懸命勉強した。日本を楽しんでもらえたら嬉しい」と話す。ダニエル・マリニックスさん(13)は「アメイジングな体験だ」と笑顔で語った。

 きょう27日にD&C!座間市役所店でお別れ会を開催。28日に帰国する。

座間版のトップニュース最新6

生活困難者と店舗繋ぐ

生活困難者と店舗繋ぐ 社会

冊子づくり進行中

8月23日号

社福同士の連携強化へ

社福同士の連携強化へ 社会

情報交換会を初開催

8月23日号

市情報に従って行動を

台風シーズン到来

市情報に従って行動を 社会

「警戒レベル」参考に

8月16日号

マンホールカードを発行

座間市初

マンホールカードを発行 社会

「下水道を身近に感じて」

8月16日号

「ここを踏ん張ろう」

三村俊資監督に聞く

「ここを踏ん張ろう」 スポーツ

ベスト16 座間高野球部

8月9日号

「こわいお話いかが」

「こわいお話いかが」 教育

図書館が1日お化け屋敷に

8月9日号

猛打爆発 11度目の県V

東海大相模

猛打爆発 11度目の県V スポーツ

決勝戦最多の24得点

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み

28日、29日の2日間

8月28日~8月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク