座間版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

作品に込めた思いを表現 女子美大院生

文化

来場者に作品の説明をする3人。(写真上)角川真穂子作品「家族の風景」(写真中)桑原杏咲作品「なにもわるくない」(写真下)本間ナナ作品「祖先以前的」
来場者に作品の説明をする3人。(写真上)角川真穂子作品「家族の風景」(写真中)桑原杏咲作品「なにもわるくない」(写真下)本間ナナ作品「祖先以前的」
 女子美術大学大学院生による現代美術展「望遠鏡」が9月4日から10日間、ハーモニーホール座間で行われた。

 この美術展には角川真穂子、桑原杏咲、本間ナナの3氏の作品が並んだ。それぞれ画法も題材もジャンルも違うが、三者三様のテーマを突き詰めた作品は来場者の心に深く突き刺さる美術展となった。角川氏は色鉛筆を用いて、日常の生活の一コマに死生観を見出し、桑原氏は油絵で可愛いキャラクターと一緒に人間の黒い部分を描き、本間氏は古典技法テンペラを用いながら、3枚のキャンパスを使い角度をつけ、立体感も表現した。

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月13日~1月13日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク