座間版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

晩秋の目久尻川を楽しむ 過去最高238人参加

スポーツ

スタート地点の様子=提供写真
スタート地点の様子=提供写真

 目久尻川流域の6市民団体が連携して行う、第12回目久尻川ふれあいウォークが12月1日、目久尻川沿いで実施され、友だち同士や子ども連れなど過去最多の238人が参加した。主催は目久尻川ふるさとネットワーク、座間地区責任団体は座間のホタルを守る会。

 海老名市北部公園を午前9時30分にスタートし参加者は、綾瀬市中野橋や藤沢市川の駅休憩所などを経由し、寒川神社境内のゴール(13Km)を目指した。

 参加者らは目久尻川周辺の稲刈りが終わった田んぼや色づく木々を眺めながら進み、寒川に近づくと遠くに富士山がくっきりと姿を現し、澄んだ流れを泳ぐコイやカルガモを見ながら歩いていた。また各地でリンゴやミカンのもてなしがあり、晩秋の一日を楽しんでいた。

 参加者の年齢は5歳から87歳までと幅広く、平均年齢は67歳。ゴールしたのは226人で完歩率は約95%だった。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育て応援シンポ

子育て応援シンポ

情報交換会も

3月23日~3月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク