座間版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

座間洋らんセンター 100輪の花つけ 農林水産大臣賞

文化

加藤春幸さんと受賞作品
加藤春幸さんと受賞作品

 平成30年度「全国花き品評会洋らん部門」で(有)座間洋らんセンター(栗原)の加藤春幸さんが手掛けた「プレミアムホワイト」が最高位の農林水産大臣賞を受賞した。

 全国から215点の応募があった国内屈指の品評会。受賞したランは100輪の花を付けた大作。花そのものの品質だけでなく、技術開発、丁寧な育成方法などが高く評価された。

 この大作は4年かけて育てられたもので、通常は20〜30輪の花を付ける。ここまで育て上げたのは徹底した育成管理。ハウスの中はセンサーにより温度などが管理されているが、コンピューター任せでなく、日光の有無や数日間の気候変化などを考えながらハウス内の温度などを独自に調整した。「今年は異常気象が続いたので、とても神経を使いました。りっぱに育ってくれて本当に良かった」と話し、「スタッフ、家族、同業の仲間たち、ご近所の方々など多くの人のご協力のおかげで今回もいい花を育てることができた」という。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

チャリティコンサート

チャリティコンサート

サロンZAMA

4月27日~4月27日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク