座間版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

福はつかみ取れ

文化

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

 「鬼は外、福は内」―。節分祭の豆まきが2月3日、市内各地で行われた。

 市内入谷にある鈴鹿明神社(古木普総宮司)の豆まき=写真上=は、春を告げる恒例行事として毎年多くの人が訪れる。今年は暖かい日曜日とあって、例年以上の1500人(主催者発表)が境内を埋め尽くした。

 豆まきは11回行われ、福男・福女が舞台から豆をまき、訪れた人たちは手を伸ばして福豆を取っていた。

 栗原中央にある栗原神社(山本孝司宮司)でも同日、節分祭が行われ=写真下、境内は多くの人でにぎわった。地元の人が集まった境内では「初めてだね」「いっぱい取ろうね」など家族連れが多く、神楽殿からまかれた豆に一生懸命手を伸ばしていた。

 両神社とも豆が入った袋の中には引き換え券が入っていて、氏子や関連企業・団体などが提供した地元野菜やお米、花、家電などが当たった人たちに配られていた。地元野菜をもらった人は「いっぱい福をもらったようでうれしいです。今年もいい年になるような気がします」と喜んでいた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク