ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 地域のお年寄りと昔遊び

厚木

地域のお年寄りと昔遊び

鳶尾小学校で体験授業
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
世代を越えた交流の場となった
世代を越えた交流の場となった

 厚木市立鳶尾小学校(青木勇一校長・児童数359人)で1月17日、1・2年生の児童を対象に昔遊びの授業が行われた。

 これは、子どもたちに昔からの遊びの楽しさを体験してもらおうと約10年前から同校で行われているもの。授業には地元鳶尾2丁目の老人会「九十九会」(尾崎常雄会長)のメンバーが講師として毎年参加。道具も同会が作ったものを使用している。

 当日は竹とんぼや福笑い、紙でっぽう、すごろくなど17の遊びを児童が体験。地元のお年寄りの手ほどきを受けながら、昔ながらの遊びに親しんだ。

 ブンブンごまで遊んでいた2年生の児童は「難しそうだったけど、意外と簡単に回せた」と得意げな表情。毎年参加しているという九十九会の女性は「寒さに負けず、元気な子どもたちばかりでした」と話した。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原