ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 火災件数減も救急出動は増

厚木

火災件数減も救急出動は増

厚木消防が平成22年中の速報値を発表
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 厚木市消防本部は1月11日、平成22年中の市内火災・救急概要(速報値)を発表した。

 これによると、火災件数は64件で前年比9件の減少。種別では、建物火災が32件で全体の過半数を占めているが、昨年に比べると15件の減少となった。

 出火原因は、放火(疑い含む)15件、こんろ8件、たばこ7件という結果。火災による死者は2人で前年より1人減少、負傷者は9人で6人の減少となった。

 一方、救急出動件数は、前年比585件増の9640件。搬送人員も9022人と、前年に比べて591人増えた。

 一日あたりの平均は、出動26・4件、搬送24・7人となり、54分52秒に1回の割合で救急車が出動したことになる。

 種別ごとに見ると、急病が5800件で全体の60・2%。続いて交通事故が1388件で全体の14・4%、一般負傷が1204件で全体の12・5%。この順番は昨年と変わっていない。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原