ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 働くことの大切さ学ぶ

厚木

働くことの大切さ学ぶ

愛川町内の3中学校が職場体験
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
スーパーなど120社が協力
スーパーなど120社が協力

 愛川町の中学校全3校(愛川中・愛川東中・愛川中原中)の2年生399人による職業体験が、1月19日から21日までの3日間にわたって行われた。

 これは、働くことの大切さや社会人のマナーを理解することで、将来の進路について考えるきっかけにしてもらおうと平成18年から行われているもの。

 今回中学生を受け入れたのはスーパーや福祉施設、牧場、自動車整備会社など町内外のさまざまな職種120社。

 3日間の体験を終えた生徒たちは「仕事を終えたときの達成感や、自分の頑張りが後々まで残るうれしさなどを実感できました」「挨拶と笑顔を忘れないお店の人たちがすごく立派に見えました」と話した。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原