ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > EV車で環境考える

厚木

玉川中

EV車で環境考える

日産リーフ開発者が講習
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
リーフに試乗する生徒たち
リーフに試乗する生徒たち

 厚木市は1月31日、環境学習講座「電気自動車講習会―電気自動車リーフ」を玉川中学校(市川美紀子校長)で行った。

 これは、1月21日に市が公用車として電気自動車「日産リーフ」を導入したことを機に行われたもの。講座を通して環境への感心を持ってもらおうと企画され、同校生徒36人が参加した。

 当日は日産自動車株式会社・技術企画部の剱持達也さんが、電気自動車の仕組みや開発エピソードなど映像を交えながら説明。順番に試乗も体験し、音の静かさや振動の少なさなども体感した。

 剱持さんは講義の中で、「これから進路を考える人たちが、環境や技術の話を聞いて、将来の選択肢のひとつになれば」と話した。

 試乗した生徒のひとりは「乗り心地がよかった。走りがゆるやかで静か。車の未来を実感した」と感動した様子。また「温暖化が進む中で、今後電気自動車に興味を持ちたい」と問題意識を高めた生徒もいた。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原