ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 6年間の感謝を込めて

厚木

6年間の感謝を込めて

玉川小で地域の大人を招き会食
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
みんなで楽しく会食
みんなで楽しく会食

 厚木市立玉川小学校(虻川敬校長・児童数220人)で2月14日、児童が6年間の学校生活の中でお世話になった地域の人々を招待して「感謝の会」が行われた。地域とのつながりを大切にして、豊かな心を育てていくことを目標の1つとしている同校で10年以上前から行われているもの。

 当日は、児童たちに農業体験を指導している地元の「しあわせクラブ」、外国語を指導している先生、卒業生制作指導の玉川せんみ凧保存会、車についての出前授業を行った日産テクニカルセンターの社員らおよそ30名が招待された。

 6年生31人が育てたお米で作ったちらし寿司と味噌汁がおもてなしメニュー。農業指導の先生として6年間子どもたちを指導してきた佐藤忠男さんは「子どもたちはこの6年間で小麦に米に白菜と、いろいろな作物を栽培・収穫し、いい体験ができたのでは。味も格別です」と話した。虻川校長は「今後も皆様のご協力を頂きながら、地域の様々な教育素材を教材として活かしていきたい」話した。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原