ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > "杜仲茶×すいとん"がグランプリ

厚木

"杜仲茶×すいとん"がグランプリ

愛川町の名産を目指す
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
グランプリのレシピを考案した武川さん親子
グランプリのレシピを考案した武川さん親子

 愛川産の杜仲茶を使ったアイデア料理の誕生をめざし、愛川杜仲研究会が主催した「杜仲茶家庭料理コンテスト」が2月20日、同町の中津公民館で行われた。このコンテストは、平成22年度あいかわ町民活動応援事業に採択されたもので、愛川産杜仲茶の魅力発信を目的としている。

 当日は、20組の中から書類審査を勝ち抜いた7組が

エントリー。審査は、主催者のほか、町内の店舗の代表者、県産業技術センター、同農業技術センターの職員らが行った。

 揚げ餃子・カレー・ごま豆腐・バームクーヘン・くじらもち・味噌汁など趣向を凝らしたレシピの中で、グランプリの栄冠を勝ちとったのは愛川町の武川多恵さん考案の「杜仲茶すいとん」。審査委員長を務めた厚木・宮本庵の樽井仁生さんは「汁が濃すぎず、杜仲茶の味が生かされていた」と話した。準グランプリには、埼玉県の堀之内さんが作った白味噌と杜仲茶の味噌汁「翡翠味噌汁椀」が入った。また、会長賞として中央農業高校の4人組が作った「ヘルシー健康揚げ餃子」が選ばれた。愛川杜仲研究会の安間さんは「参加者の皆さんがぞれぞれの力を発揮し、官民一体の素晴らしいイベントとなった。町外の方々のお力もいただき感謝です」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原