ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 消防隊が仙台で人命探索

厚木

厚木市

消防隊が仙台で人命探索

緊急援助隊として活動
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
緊急消防援助隊として被災地へ向かった7人
緊急消防援助隊として被災地へ向かった7人

 厚木市消防本部の隊員7名が神奈川県緊急消防援助隊の一員として3月13日と14日、東日本大震災の被災地である宮城県仙台市で援助活動を行った。

 同隊は、消防庁から派遣要請を受け、県が組織したもの。県内の消防本部から215名が派遣された。

 厚木市からは、消火隊5名(吉田照文隊長(58)、鈴木一二三副隊長(49)、内村隆機関員(46)、霜島準也補機関員(39)、佐藤庄太隊員(38))と後方支援隊2名(加藤隆英隊員(47)、野崎勝隊員(40))の7名が出動。隊員らは宮城野消防署管内蒲生地区で、生存者を救出する人命探索を行った。

 地震発生直後に被災地へ向かった隊員らは、「蒲生地区は工業団地だったが、津波で建物が壊され、基盤だけが残っているような状態。何も無い破滅状態だった」と現地の惨状を語る。

 被災地では、宮城野消防署に宿泊し車両で移動。活動は、その車両から半径1・5キロメートルほどの範囲で行った。隊員らは、歩いて建物の残骸や流された車などを捜索したが、生存者は発見できなかった。一方11人の遺体を発見し収容した。

 吉田隊長は「余震の影響で退避命令が多く、十分な活動ができなかった。一人でも人命救助したかったが、発見できなかったことが残念」と想いを語った。

 緊急消防援助隊は、14日に第2陣が、17日に第3陣が被災地に入り、主に人命探索の活動を行った。厚木市からは、それぞれ、7名が参加した。
 

  • 担当地区で活動する隊員担当地区で活動する隊員

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原