ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 「被災地へ今できることを」

厚木

「被災地へ今できることを」

(社)厚木市建設業協会が義援金
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
義援金を手渡す厚木市建設業協会の山口会長(右)
義援金を手渡す厚木市建設業協会の山口会長(右)

 (社)厚木市建設業協会(山口光正会長)が3月18日、厚木市役所を訪れ、宮台功副市長に東日本大震災の被災者に対する義援金100万円を手渡した。

 山口会長はこの日、2004年に発生した新潟県中越地震のときに伝え聞いたエピソードを挙げ、「みんなが心をひとつにして助け合う中で絆ができます。大変ですが絆を大切にして協力して乗り切ってほしい。厳しい寒さと余震が続く中、少しでも早く義援金を役立ててほしい」と話した。

 厚木市建設業協会は、建設業の健全な発展を図るために、土木建築工事の技術と経営の向上を通し、公共工事により市民の公共の福祉増進に寄与することを目的に活動する社団法人。会員を対象に講習会や地域社会に貢献するためのボランティア活動にも積極的に取り組んでいる。

 49社の会員から集まった義援金は市役所を通じ日本赤十字社に送金される。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原