ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 義援金300万円を寄付

厚木

義援金300万円を寄付

社会医療法人社団 三思会
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
小林市長(右)に目録を手渡す中理事長
小林市長(右)に目録を手渡す中理事長

 厚木市船子の東名厚木病院などを運営する、社会医療法人社団三思会の中佳一理事長が4月7日、厚木市役所を訪れ、小林常良市長に東日本大震災の義援金として300万円の目録を手渡した。

 今回の震災で三思会は、支援物資の提供や医療チームの派遣なども行っている。中理事長は「厚木市民に成長させて頂き、当法人は30周年を迎えることができました。職員の中にも被災地出身者がおり、少しでもお見舞いできればとの思いから総合的な判断で寄付を決めました」と話した。

 義援金は市福祉部福祉総務課経由で日本赤十字社に送られる。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原