ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 医療チームを派遣

厚木

医療チームを派遣

東日本大震災で東名厚木病院
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
医療活動をするスタッフ
医療活動をするスタッフ

 東日本大震災の被災地を支援しようと、東名厚木病院では3月31日から全日本病院協会を通じて、宮城県気仙沼市に医療チームを派遣している。4月30日まで、のべ30人のスタッフが現地で活動する。

 第1班として4月8日まで活動したのは、同院の医師1人、看護師2人、事務職1人。およそ1300人が避難する気仙沼市の総合体育館で、他の大学病院などと連携しながら医療活動に従事。現地は上下水道のライフラインが止まっていたことから、ノロウイルスやインフルエンザといった感染症予防などの活動にも力を入れたという。

 同院では「地元の医療機関にどうやってバトンを渡せるかが今後の課題になる。状況を見ながら、支援を続けていきたい」と話した。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原