ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 消防が呼びかけ強化

厚木

住宅用火災警報器 厚木市

消防が呼びかけ強化

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
戸別訪問で火災警報器の説明をする消防職員
戸別訪問で火災警報器の説明をする消防職員

 厚木市消防本部(飯島悟消防長)は、5月31日が期限となっている住宅用火災警報器設置の呼びかけを強化している。

 この警報器は、新築住宅にはすでに設置が義務となっており、6月1日からはすべての住宅で設置が必要となる。市消防本部は、これまでも啓発活動をおこなってきたが、期限が迫っていることから職員らが戸別訪問を行い、説明をしながら設置を呼びかけている。

 市消防本部は「火災から『命』と『財産』を守る有効な対策です。まだ設置されていない方は早めにお願いします」話した。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原