ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 活動をスタート

厚木

おもちゃの病院 厚木市

活動をスタート

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
修理は子どもの前で行っていた
修理は子どもの前で行っていた

 おもちゃの病院(鵜飼宏昌会長)が5月21日、厚木市勤労福祉センターで行われた。

 これは、原則無料で子どもたちの壊れたおもちゃを修理する活動で、地域のボランティアによって行われているもの。厚木市では4月に初めて設立された。

 この日は、3組が訪れ列車のおもちゃや言葉を覚える電子ボードを修理。子どもたちは、直ったおもちゃで楽しそうに遊んでいた。

 鵜飼会長は「子どもたちの笑顔が嬉しい。壊れたおもちゃがあったら持ってきて頂きたい」と話した。

 同病院は、次回は6月5日(日)に市勤労福祉センターで、6月19日(日)に市総合福祉会館で行われる。時間は両日とも午前10時から正午まで。問い合わせは、おもちゃの病院【電話】090・1839・5558鵜飼さんまで。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原