厚木版 掲載号:2011年12月23日号
  • googleplus
  • LINE

清水小 児童の力で奨励賞 全国学校・園庭ビオトープコンクール

教育

児童による植物の定点観測も行われている
児童による植物の定点観測も行われている

 インターナショナルセーフスクール(ISS)認証校の市立清水小学校(藍原万里子校長・児童数910人)が「全国学校・園庭ビオトープコンクール2011」で「学校・園庭ビオトープ奨励賞」を受賞したことが12月13日に分かった。

 同コンクールは、多くの生きものと触れ合うことのできる「学校ビオトープ」「園庭ビオトープ」を全国に普及していこうと、(財)日本生態系協会が主催し、1999年から2年に一度実施しているもの。

 今回、審査対象となったのは、全国の教育機関142団体。「学校・園庭ビオトープ奨励賞」は、上位5賞(文部科学大臣賞・環境大臣賞・国土交通大臣賞・ドイツ大使館賞・日本生態系協会会長賞)、日本生態系協会賞に続く栄誉あるもの。

 奨励賞を受賞したことについて藍原校長は「この受賞は卒業していく6年生にとっては大変な励みになります。自らの手で整備したので、児童には愛着心があります」と語った。  

 また、ビオトープの整備で中心的な役割を果たした小学6年の深渕沙耶奈さんは「最初は汚くて近寄りづらかったですが、きれいに整備していくことで、植物を増やすことができました。今後は、きれいなビオトープを保っていくため取組んでいきます」と話した。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク