厚木版 掲載号:2011年12月23日号
  • googleplus
  • LINE

JAあつぎ大豆部会の会長を務める 井上允(まこと)さん 上荻野在住 64歳

新しもの好き 大豆に夢中

 ○…大豆を厚木市の新たな特産品にしようと活動しているJAあつぎ大豆部会の会長を務めている。幻の大豆と呼ばれる「津久井在来」を生産し、厚木産100%の津久井在来大豆を使った豆腐の販売も始めた。今月9日には、その製品を市長へ届けPRも行った。「他の豆腐と違って甘みがあるのが特徴。醤油をつけなくても大豆本来の風味やコクが味わえておいしい」と満足した笑顔を見せる。

 ○…退職後に何かやりたいと、JAあつぎが主催する農業塾で3年間農業を学び、大豆の生産を始めた。「私は農薬は使わない」と安全な食物へのこだわりは強く、研究を怠らない。実は、元厚木市文化会館の館長さん。文化芸術には詳しいが、農業の経験は少ない。それでも、知識の豊富さや熱心な人柄は、立ち上げたばかりの部会のまとめ役として信頼が厚い。

 ○…上荻野で生まれ育つ。新しいことが好きで、子どもの頃、わざわざ東京まで機械部品を買いに出かけ、ラジオやオーディオを作ったという。面白いことに夢中になるタイプで、初めて聞いたバイオリンのコンチェルトに衝撃を受け、クラシックを聴き続け、学生時代はヌーヴェルヴァーグの映画にはまった。民間企業に就職するが、文化会館設立時の職員募集に応募。それ以来、約30年にわたり会館事業の舵取りを務める。

 ○…「文化を伝えることも大豆を生産することも同じ。長い時間をかけて育てるものだと思う」。館長の時は、文化芸術が根付くように願った。今は、農業家として安心でおいしい大豆を届けようと願う。その想いの根底には地域への貢献心がある。「若い人が好むスイーツに加工できれば良い」「学校給食にも提供したい」と希望は多い。「将来は、丹波の黒豆みたいに厚木の大豆がブランドになればね」。夢を語る瞳は少年のように輝いていた。
 

厚木版の人物風土記最新6件

長谷川 美雪(みゆき)さん

50周年を迎えた俳句会「はまなす」の主宰をつとめる

長谷川 美雪(みゆき)さん

3月16日号

サハ・ビペルカンテさん

インターナショナルティーサロンの代表を務める

サハ・ビペルカンテさん

3月9日号

森島 誠さん

あつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

森島 誠さん

3月2日号

真田 幸太さん

湘南ベルマーレユース出身のゴールキーパーで今シーズンからトップチームに昇格した

真田 幸太さん

2月23日号

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク