厚木版 掲載号:2012年1月13日号

来年度から愛川でモデル事業

県のメガソーラー整備計画

旧県警グラウンド跡地
旧県警グラウンド跡地

 神奈川県は平成24年度から愛川町半原にある県有地・旧県警グラウンド跡地(面積約3万2000平方メートル)でメガソーラー(大規模太陽光発電施設)のモデル事業を開始する。

 この事業は、県営電気事業を経営している企業庁の「創エネ」の取組みの一環として、再生可能エネルギーにより電力供給量の拡大を図るもの。設置する規模は出力約2メガワットで、これは、一般家庭用太陽光発電設備(3・3kW)の600戸分に相当。これで年間発電電力量は、約180万kWhを計画している。これは、一般家庭1世帯あたりの年間消費電力量を3470kWhとして換算すると、約520世帯分となる。 

 今後、平成24年度に太陽光発電設備の設置を行い、本格的な運転の開始は平成25年夏ごろを予定している。

 事業予定地について県は、隣接する宮ヶ瀬ダムの「水とエネルギー館」や水力発電を行っている愛川第1・第2発電所を挙げ、これらと併せて「再生可能エネルギーの普及啓発と地域のマグネット力向上に資するもの」としている。

 山田登美夫愛川町長は「町がこれまで要請してきた半原・旧県警グラウンドの跡地の活用について、メガソーラー発電施設の設置運営が方向付けられた。今後は再生可能エネルギーに係わる普及啓発と観光振興に大きな期待ができる」と話している。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

あつぎ新時代!!

元号と共に 厚木が変わる いしい正英の三大ゼロ政策

https://www.ishiimasahide.com/

みんなで築く 「元気なあつぎ」

厚木市長・小林つねよし 政治信念は「市民協働」「現地対話主義」

http://tsuneyoshi.net/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク