厚木版 掲載号:2012年2月3日号

高校生が"非行防止"呼びかけ 教育

南毛利小で教室

児童たちに語りかけた
児童たちに語りかけた

 厚木東高校(桑島秀一校長)の生徒8人が1月24日、ボランティアで講師になり南毛利小学校の5・6年生の児童358人を相手に非行防止教室を開いた。

 この取り組みは、厚木警察署(鈴木美仁署長)の働きかけで実現したもの。小学生にとって年齢が近い高校生が講師役になることで、児童たちの興味関心をひきつけることが狙い。同署管内で初めての試み。

 この日は、県警が作製した教材を活用し、「万引き」が警察に捕まる犯罪であることを、寸劇などを交えながら児童たちに説明。教室終了後には、県警察音楽隊のドリル演奏鑑賞も行われた。同署生活安全第二課長の中川重治警部は「高校生が講師になってくれるのは大変ありがたいこと。これからも地域と連携して、非行防止活動に取り組んでいきたい」と話した。
 

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク