厚木版 掲載号:2012年2月17日号

被災地の現状を報告 社会

気仙沼市立病院の医師が講演

講演する横山外科科長
講演する横山外科科長

 社会医療法人社団三思会東名厚木病院(市内船子)で2月8日、気仙沼市立病院の医師を招いた講演会が行われた。

 東名厚木病院は、昨年3月の東日本大震災直後に、医療チームを宮城県気仙沼市に派遣。現地での調整役が市立病院の医師だったことから、その後も市立病院との交流が続き、摂食嚥下療法部のスタッフが、被災地で働く医療福祉職員のキャリアアップを目的に赴くなど支援を継続してきた。

 この日の講演会は、被災地の現状を知るために実施したもので、医師や看護師、職員など約80人が参加。市立病院外科科長の横山成邦氏がプロジェクタを使って被災直後から現在の様子などを説明した。

 東名厚木病院では、今後も市立病院や気仙沼市への支援を続けていくという。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク