厚木版 掲載号:2012年2月24日号

三田小学校

"もち米"売って被災地元気に 教育

売上の全額を宮城県・石巻市へ

もち米を売る5年生
もち米を売る5年生

 震災の復興支援として厚木市立三田小学校(新井啓司校長・児童数908人)の5年生162人が2月20日、「三田米義援金プロジェクト」と銘打ち、授業参観で来校した保護者や地域の人に手作りのもち米を販売した。

 これは毎年、同校の小学5年生が「総合的な学習の時間」で実施するもち米づくりの一環として行ったもの。もち米は例年、給食などで消費してしまう。しかし、今年は児童らが、もち米の一部を保護者や地域の人に売り、それらの売上げを被災地に送ろうと発案。同プロジェクトに取組むこととなった。

 販売当日は、1袋(400g)200円のもち米を270袋用意。「いらっしゃいませ」や「ご協力ありがとうございました」など、大きな声をかけながらもち米を次々に販売した。

 この活動で中心的役割を果たした加藤丈士くんは「去年は大きな地震があったので、何かできることはないかと考えました。自分たちで作ったもち米を売り、そのお金を被災地に送ろうというのは皆で決めたことです」と話した。

 また、もち米を購入した保護者は「自分たちの発想で、自発的にやったことに意味があると思います」や「もち米を売って義援金として送るということなので、買う側もとても有意義な買い物です」と話した。

 もち米の売上は、宮城県・石巻市に届ける予定。
 

児童デザインのイラスト入り
児童デザインのイラスト入り

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

「人と人のつながり大切に」

02年以来のW杯出場

女子ラグビー日本代表

02年以来のW杯出場

1月20日号

423人のハーモニー響く

本殿修繕後初の「六夜祭」

注目集まる”あつぎ婚”

親から子へ孫へ、43年

厚木市民朝市2000回の裏側(上)

親から子へ孫へ、43年

1月20日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク